ASA伏見 お知らせ

2014年08月15日

「GLOBE」(8/17号)予告

【GLOBE】141号/特集は「生の終わりに」


 8月17日(日)発行号の特集は「生の終わりに」です。先進国では、第2次世界大戦の直後に生まれたベビーブーマー世代が高齢化を迎えています。日本では、年間の死亡者数が1970年代の70万人前後から、現在は126万人まで増えました。2040年には167万人に達するとみられます。日本は「多死社会」に入ったといえるでしょう。
 延命治療が発達して死までの時間も長くなり、納得のいく最期を模索する人が増えています。安らかな最期を迎えるための宮崎のホスピスの取り組みや、終活ブームの現状を紹介。人為的に死の訪れを早める安楽死を合法化したスイスや米オレゴン州の現地報告から、「死ぬ権利」について考えます。


同じカテゴリー(新聞に関するお知らせ)の記事
 年末年始・新聞休刊日のお知らせ (2010-12-28 09:04)

高齢者向け配達サービス まごころ弁当
健康茶
まごころ治療院
Copyright © Asahi shimbun ServiceAnchor ASAfushimi. All righits reserved.